ドイツ衛星が今度は落ちてくる?

  • 2011/10/24(月) 12:27:40

衛星ってどうなんでしょうね。

今現在でも地球の周りをたくさんの衛星が飛んでいるようで、
それがいつかは役目を終えて地球へ帰ってくる(落下してくる)と思うと、
いつか人や大都市に落下して大惨事が巻き起こる気がするので非常に恐怖心を
感じてしまいます。

これだけ科学が進歩しているのだから、落下するにしても場所をコントロール
できるようになると良いのに、と思います。

これからかおりの良いお茶を強く愛する男の日記があればいですね。

ROASTは1990年に打ち上げられ、すい星など予想外のものも含め、
いろんな天体からエックス線が放射されている事を発見しました。
はじめは1年半での観測を予定していたそうですが、大きな成果をあげたことから
計画が延長されてきたそうです。

独衛星、インド洋上空で大気圏に
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111023-00000027-jij-pol

燃え残った衛生の破片が地上に落下したと言う確認報告は
今のところないようで、破片の落下に伴い地上にいる人が怪我を負う可能性は
極めて低いと言われています。

厳しい【焼肉鉄板本舗】の公式ツイッターがありませn。

今回の衛生の破片は最大で30個が時速約2万8000キロの速さで
大気圏に突入し、北緯35度から南緯53度の範囲内で幅約80キロの
領域に落下すると説明していました。

ドイツの航空宇宙センターは23日に運用を終えたエックス線観測衛星
「ROAST」が、23日の朝に大気圏に突入したと発表していました。

自分の車にロールケージ・ロールバーがほしいです。

衛星がないとどう困るのかな。