ハラグロオオテントウってしってました??

  • 2010/12/11(土) 15:43:20

テントウムシってそんな大きいものがあるんだ。

通常良く目にするナナホシテントウは数ミリなのに対し、
ハラグロオオテントウは1センチを超える大きなテントウ虫で、
今までは大阪や愛知など局地的に分布していて、
その他の地域ではあまり確認されていなかったそうです。

いろいろ話題NEWSでもやっていましたね!

ハラグロオオテントウを見つけたのは地元の小学生だったようで、
守山市木浜町に住む小学3年生の男児が同市の水保町のガードレールの上に
ハラグロオオテントウが止まっているのを発見し捕獲、
自宅に持ち帰り飼育をしていたそうです。

今度は出産手当金でるかな。

それにしても大きいテントウムシです。
ナナホシテントウ以外のテントウムシは害虫だと聞いたことがあったのですが、
このハラグロオオテントウは花などに寄生するアブラムシを食べるようで、
花にとって良い虫なのだそうです。

ですが死んでしまった為に種類を調べてもらおうと琵琶湖博物館に
死骸を持ちこんだとの事。

無視の次に参考です。FX初心者脱却までの道のり

「ハラグロ」っていうから悪い虫なのかと思いきや違うようです。
よく「あいつは腹黒だ」って言うと思うのですが、
その言葉のニュアンスがハラグロオオテントウに当てはまるのかと・・。
でも実際は役に立つ虫だらしいのでそのギャップが面白いと思いました。


日本最大のテントウムシ 「ハラグロオオテントウ」 滋賀県内初の発見
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101210-00000057-san-l25

テントウムシの種類で「ハラグロオオテントウ」という虫がいます。
守口市内で体長が約12ミリの個体がみつかり、
県立琵琶湖博物館で保管しているそうです。